試してみたいけど、初めは怖い、そんな時のためのサンプルモニターの総合サイトです。

メビウス製薬「ウェルネル」のサンプルモニターは100円でお試し可能な睡眠サポート剤

健康食品サンプルモニター

今回はメビウス製薬から販売されている「ウェルネル」という睡眠剤をご紹介します。

ウェルネルは「WELL寝る」=「上手に寝る」という非常にわかりやすいネーミングとなっています。

もちろん、その効果は寝ても疲れが取れない、なかなか寝付けない人に向けて、眠りをサポートするカプセル剤となっています。

睡眠は、生活する上で重要なことは皆さんもご存知ですが、仕事のストレスなどによって、わかっていても眠れないという人もいるかと思います。

そのような時に、このウェルネルが睡眠をサポートしてくれますよ。ということで早速商品の説明に入ります。

そんなウェルネルはサンプルモニターが100円でお試し可能です。

 

サンプルさん
サンプルさん

紹介する全ての商品が本当に効果のあるものではありませんし、皆様に誤解もさせたくありません。

そのためにいきなり購入するのではなく、まずはお試しに〜という形で紹介していきます。

あなた自身が本当に注文してみたいという商品だけ申し込んでくださいね。

サンプルさん
サンプルさん

通常料金よりも安いものばかりですので、お得感はあります。
その中で本当にいい商品を見つけ出すのも楽しいかもしれないですね!

 

メビウス製薬「ウェルネル」は上質な睡眠をとるためのカプセル剤

ウェルネルは、今までの休息サポートサプリメントで使われている成分とは全く違う新成分 BioPQQとキレイをサポートするコエンザイムQ10を高配合することによって休息への新しいアプローチを実現しました。

「寝ているはずなのに、疲れがとれない」
「眠ってもすぐに目が覚めてしまう」
「眠りが浅い」
「なかなか寝付けない」
「朝目覚めても疲労が残ってる」

そんな女性たちの声からウェルネルは生まれたそうです。

そんな方へ睡眠の質を上げ、スッキリと目覚めをサポートするのが、メビウス製薬の『ウェルネル』というカプセル剤です。

夜に手軽にの飲むだけで上質な睡眠がとれ、コロナ禍で崩れてしまった生活リズムを整えてくれるサポートをしてくれます。

では、なぜ、ウェルネルを飲用することによって上質な睡眠が取れるのか。

それは、コエンザイムQ10とBioPQQが豊富に含まれているからです。

このコロナ禍で、睡眠や起床の生活リズムが変わり、いつ終わるかもわからない不安により、ストレスで寝付けない方・寝つきづらい方が増えているそうです。

 

コエンザイムQ10の効果と役割

コエンザイムQ10は、体内のエネルギーをつくるために必要となる補酵素のひとつです。

様々な生命活動の原動力を生み出すほか、強い抗酸化作用を持つことから、生活習慣病や老化の予防に役立つといわれています。

また、コエンザイムQ10はビタミンと似た働きも持つビタミン様物質であるため、ビタミンQとも呼ばれています。(ビタミン様物質とは、ビタミン類には含まれず、ビタミンと似た働きを持つ栄養素の総称です)

1  疲労回復効果
2  肌の老化を防ぐ効果
3  心臓機能を保護する効果
4  生活習慣病を予防する効果
5  関節痛を改善する効果
6  骨粗しょう症を予防する効果

 

BioPQQの効果と役割

PQQは、酸化物質を無害化する強力な 抗酸化作用 を持ち、身体の中の再生物質のミトコンドリアを活性酸素から守る働きをします。 

PQQの抗酸化作用は、ぶっちぎりで、抗酸化物質として知られるビタミンCの約5000倍の効果があるというから驚きです。

また、このPQQはココア、納豆、大豆、豆腐、パセリ、ピーマン、キウイフルーツ、パパイヤ、緑茶に多く含まれています。

継続して摂取すると、アンチエイジングでも特に

「脳の働き」

によい影響を及ぼします。

それによって、

「記憶力」、「認知力」、「集中力」、「注意力」

の低下が改善されるといいます。

すでに専門家による研究では、パーキンソン病やアルツハイマーの原因物質を抑制する働きが確認されています。

これらの難病に対して、防止効果や進行を抑える効果が期待されています。

PQQの摂取による副作用は現在のところ報告されていません。

そして、脳細胞だけでなく、全身の幅広い機能に作用し、特にコエンザイムとセットで摂取することにより、その相乗効果が確認されています。

 

ウェルネルを飲むタイミングや注意点・副作用

1日1~3粒を目安に、 水などと一緒にかまずにお召し上がりください。 

ウェルネルは、 サプリメント(健康食品)なので、 ご使用になりたいタイミングで問題ございませんが、 夕食後などゆったりした気分でお召し上がりいただくことをお勧めしています。(PQQとコエンザイムQ10は食後に飲むことで効果が最大に発揮されるそうです)

ウェルネルはサプリメントになりますので、実際の睡眠薬に比べて効果のスピードは違いますが、倦怠感やだるさなどの副作用は出づらいと思います。

なので、睡眠をしっかり理解し寝れる仕組みを作り出すことにより、薬に頼らない睡眠に繋がると思います。

 

ウェルネルのデメリットは大きく2つ

ウェルネルは薬ではありませんので、即効性としては弱いでしょう。

しっかりと効果を出されたい方は生活や、ルーティンの変化も必要となります。

飲むことにより、眠りやすさには繋がりますがこのルーティンの変化も重要となりますので、あくまでもサポート役として考えた方がいいと思います。

もう一点、ウェルネルのデメリットをあげるとするのであれば、口コミがないということで、実際の効果がわからないという点です。

このようなお試し可能な商品は、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどにも販売されています。

しかし、どのECサイトをみても口コミが見当たらないので、買うまで実際の効果がわからないというデメリットがあります。

 

薬品を使わず日常生活で眠りを深くするためのコツ

ぐっすり眠れるようになるには、脳と身体に最高の休息を与えてあげることです。

深く寝れ何回も起きなくても済む様になります。

そのコツですが、身体を温め、簡単なストレッチを行い、深く深呼吸をし、自律神経の刺激をゆるめるなど、簡単な行動ばかりで改善しやすくなります。

そして眠る前だけではなく朝起き、朝日を浴びることによりセロトニンという神経伝達物質が出てくることも重要になります。

セロトニンは精神の安定や安心感や平常心、頭の回転をよくして直感力を上げるなどして脳の活性を働かせる鍵となる脳内物質です。近年、幸せホルモンとも呼ばれています。

このセロトニンが時間をかけて夜になると、睡眠ホルモン と呼ばれるメラトニンの原料になります。

このメラトニンは眠りを誘うほかに、抗酸化作用によって細胞の新陳代謝を促したり、疲れを取ってくれるために、病気の予防や老化防止にさまざまな効果を持つと考えられており、注目されている睡眠ホルモンのひとつです。

しかし、どちらも年齢と共に減少していくのが睡眠不足の原因となります。

この体内時計の乱れを整えるには、生活習慣を改善することが1番の近道になります。

起きる時間を一定にし、朝日を浴びて、朝食を毎日食べて、夜はなるべくブルーライトをカットするなど徹底的に改善していきます。

しかし、そこまで頑張って改善しても体内時計の乱れは一瞬で改善できるわけではありませんので、そのサポート役としてのサプリメントがあるのだと思います。

 

平均的な日本人の睡眠時間

グリコの調べによると、平均的な日本人の就寝時間は23時12分、起床時間は6時32分で、おおよそ7.4時間の睡眠時間を確保しています。

この結果を見て意外と「寝てるじゃん!」と思った方もいるかと思うのですが、実は、世界で見るとワースト2位なのです。

それだけ、海外では睡眠を重要視しています。

もちろん、この睡眠時間の結果だけではありませんが、バスやタクシー運転など、仕事柄お客様の命を預かるような職業の方は意外と睡眠時間を確保できていない場合もあります。

そのような環境に左右されないよう、そして、しっかりとした睡眠をとるためにも寝つきが悪い、疲れが残るという人には、睡眠のサポート剤は大いに活用してもいいのではないかと思います。

 

まとめ

この記事では、上手な睡眠ができるためのサポート剤「ウェルネル」についてご紹介しました。

先に述べましたように、日本人は睡眠時間が不足しています。

そして、その睡眠時間の負債が疲労の蓄積であったり、慢性的な疲れに繋がっているのではないでしょうか。

仕事柄、どうしても睡眠時間を確保することができないという場合には、せめて上質な睡眠をとる必要があります。

そのためには、睡眠サポート剤を使ってみるのも有りなのではないでしょうか。

とりあえず、お試しで100円からモニターを募集していますので、ご興味のある方は申し込んでみてください。

その上、デメリットでもあげたように、口コミがないため、服用した全員が効果を期待できるかは不明ですが、100円で利用できるため、申し込む価値はあるではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました